二重まぶたドットコム

二重まぶたドットコムは、「キレイな二重(ふたえ)」になりたいと思っている方のための美容外科美容整形の情報サイトです。

二重まぶた(二重瞼、ふたえまぶた)手術についての情報を提供しています。
二重まぶた(二重瞼)に興味のある方、これから二重まぶた(二重瞼)手術を受けてみよう思っている方、あるいはすでに二重まぶた(二重瞼)手術を受けられ手術結果に不満や悩みを抱いている方は、ご参考になさって下さい。
涙袋形成術、目頭切開、目尻切開、眼瞼下垂手術、下眼瞼下制術、グラマラスライン手術についても解説しています。
 

二重まぶた手術の埋没法はトラブルの多い方法です。

テレビ局の取材を受ける水野院長

当院(アネシス美容クリニック)では、過去に埋没法を受けられ元に戻ってしまった方や、まぶたの違和感、痛み、目やに、引っ張られた感じがする方、皮膚表面の黒い点のように見える糸の露出には、トラブルの原因になっている埋没法の糸をすべて抜糸して全切開法により二重まぶたにすることに積極的に取り組んでいます。
二重まぶた手術の全切開法では、中縫いの糸は残さない方法で行っています。内部処理を確実に行い、眼瞼挙筋と皮膚とを抜糸する糸で固定し、不必要な切除は行わず目をつぶっても良好な傷跡になるように努力しています。埋没法のように元に戻る心配はなく、しかも埋没糸によるトラブルに悩まされることもありません。
 
当院の全切開法二重まぶた手術は低価格です。

 
 

二重まぶた手術(重瞼術)

 二重まぶた手術前にデザインを行います

二重まぶた手術は美容外科手術の中で最も多いと言えるでしょう。
二重瞼にすると決心しても、手術は初めての経験ですから不安です。二重のラインや幅について本当に自分に似合うのかどうかも気がかりです。人それぞれ、まぶたの構造が異なっているわけですから、これに対して一律に同じような手術をしたのでは、よい結果は生まれません。よく患者さんの希望を聞き、まぶたを診察した上で、その方に最適な手術を選択しなければなりません。
 
実際に二重まぶた手術を受けるにあたり、大切なことが二つあります。一つは、二重のラインのデザインです。
自分の希望する二重になるには、鏡の前で二重まぶたを色々作ってみるシミュレーション作業と写真撮影が必要です。あとはデザインどおりに手術していくのです。
二つめは手術の安全性です。二重まぶた手術は簡単な手術ですが、十分に安全でなければならないのです。
 
 

二重まぶた手術の種類

二重まぶた手術には大きく分けて2通りの方法があります。
一つは 切開法といって、二重のライン上を切開し、まぶたの余分な筋肉や脂肪をある程度切除した後に、表面の皮膚を裏側の眼瞼挙筋腱膜と縫合する方法です。
そしてもう一つが、 埋没法です。医師によって糸のかけ方、糸の本数や結び方が異なりますが、基本的には同じ手術です。つまり、極細の医療用の糸を用いてまぶたの表と裏を縫い合わせてその糸を結び目ごとまぶたの中に埋没してしまう方法です。
 
埋没法と切開法のどちらも長所と短所とがあり、理想的な手術法は存在しません。短所をよく理解していただき、手術法を選択していただくことになります。切開法は、皮膚を切るだけでなく、まぶたの内部構造を二重瞼になるように根本的に変えてしまいますので、本当の二重瞼になります。これに対して、埋没法は皮膚を切らないので当然、まぶたの中も処理しません。まぶたの内部構造は何ら変化せず、元のまぶたのままなのです。人間の体は元に戻ろうとする修復機能がありますので、切開法の場合は変化させた二重のラインにとどまりますが、埋没法では元の一重に戻ろうとしてしまうのです。これが埋没法の欠点であり、避けて通ることはできません。
 
しかし、幸いなことに埋没法で二重瞼の本当のクセがつく人も多くいらっしゃることも事実なのです。このクセのつき具合いには程度の差があり、ほとんど元の状態に戻ったようにごくわずかにクセが残ったラインから、しっかりした二重のラインまで千差万別です。この理由はよく分かっていません。したがって、このような説明を受けて将来的に安定している切開法を選択される方もいらっしゃれば、やはり切るのはいやだと埋没法を選択される方もいらっしゃいます。
 

アネシス美容クリニック院長 水野 力
医学博士、日本美容外科学会(JSAS)専門医、日本美容外科学会(JSAS)理事、アメリカ美容外科学会(AACS, American Academy of Cosmetic Surgery)会員、日本形成外科学会会員、日本美容外科学会(JSAPS) 会員
メール相談
 
アネシスオフィシャルサイト
 
アネシス料金表
 
 
アネシス美容外科
 
アネシスブログ